各事業紹介

認証制度

認証シール

認証シール

当協議会では安全で安心な農産物を生産供給し、地域に愛される農産物になるために協議会独自の認証制度づくりを行っています。認証されたお米には認証シールを貼っています。
認証の基準は、環境にやさしいお米を目指すために、農薬や化学肥料を50%以上低減して生き物に配慮する取り組みを行うことです。

詳しい基準は次のとおりです。

小松島市生物多様性農業推進協議会 水稲認証基準

<栽培方法は、次の2通りとする>

  • (1)栽培期間中、化学合成農薬・化学合成肥料不使用(100%低減)
  • (2)化学合成農薬は除草剤1回まで、かつ、化学合成肥料を50%以上低減

※上記(1)の場合は、栽培期間中は化学合成農薬・化学合成肥料は使用しないこと(使用対象農薬・肥料に関してはJAS有機適合の肥料に加えて本協議会が認めたものに限る)
※上記(2)の場合は、エコファーマーを取得すること(栽培期間中は化学合成農薬は除草剤1回まで、かつ、化学合成肥料を50%以上低減すること)


<共通事項>

  • 秋処理を行うこと(土づくり)
  • 種子消毒に化学合成農薬を使用しないこと(箱処理を行わないこと)
  • 田んぼの生きもの調査を行うこと(各地域のグループで2~3回程度行うこと行う。もしくは、協議会が開催する田んぼの生きもの調査に参加すること)○生きものを育む農法を取り入れること
  • (各地域のグループで江・魚道・ビオトープ・ふゆみずたんぼなど生きものを育む取組を1つ以上行うこと。ただし、ふゆみずたんぼは各地域1ヶ所以上が望ましい)
  • 小松島市の農家であること(耕作地の大半が小松島市内であること)
  • 協議会が指定する講習会に出席すること

小松島市
生物多様性農業推進協議会

〒773-8501
徳島県小松島市横須町1番1号
電話(0885)34-9292
FAX(0885)34-9992