の近況報告

村瀬義敬

村瀬義敬

村瀬義敬


栽培作物

水稲

面 積

70a

紹 介

戦後間もない食糧難の時代から60年間農業をしている。6~7年前までの30年間は卵用の鶏の飼育もしていた。
現在は息子夫婦とともに無農薬・無化学肥料のお米を栽培しており、もっと面積を増やしていきたいと考えている。

こだわり

村瀬一号という自分で開発した品種のお米を栽培している。
村瀬一号は、石井の試験場で6年間、茨城県の試験場で2年間試験し、大臣の認証も受けている。特徴は、食味はコシヒカリと変わらず、苗を植えてから収穫するまでの期間がコシヒカリより半月短い。コシヒカリよりも多く収穫できる年もある。種子島や韓国でも栽培されており、種子島では年3回収穫できた。
環境や体に良いように除草剤を使わず、米ぬかを撒いたり、水位を深くすることで藻を生やし雑草を抑えている。
田んぼにはオタマジャクシや珍しい赤とんぼがいる。


小松島市
生物多様性農業推進協議会

〒773-8501
徳島県小松島市横須町1番1号
電話(0885)34-9292
FAX(0885)34-9992